主婦のすゝめ

3人の子供を持つ普通の主婦がいろんなことに挑戦していきます!

電動鉛筆削り おすすめはこれ!比較してみた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shuguko:20190117085104j:plain

電動鉛筆削りってどれでも一緒だと思っていませんか?我が家は見た目で可愛いのを買ってしまい失敗しました。子供たちが全く使ってくれません。何が失敗だったのか!?それは削り具合なんです!比較画像も含めて見てみましょう。

 

 

電動鉛筆削り2種類と手動鉛筆削りの比較

 

f:id:shuguko:20190117092538j:image

我が家が見た目の可愛さで買ってしまった黄色の鉛筆型のナカバヤシ。数年使っておりましたがそのうち使わなくなりCの昔からあった手動を使うようになりました。何でわざわざ手動を使うのだろうか?理由は尖らないからだそうで。調べてみると電動鉛筆削りはほとんどが手動よりもピンピンに尖らないようです。

 

f:id:shuguko:20190117092545j:image

黄緑がCの手動ですが芯の部分が長くてピンピンに尖ってます!赤がAのナカバヤシですが芯の部分が短くてピンピンな感じがしないですね。これが嫌だと子供たちは言っておりました。時間がないときに手動で3人分の鉛筆削りはすごーく時間がかかります。限界がきたので新しくTihooと書いてあるものを購入しました。水色のBの鉛筆削りです。ナカバヤシよりも尖っていますね。レビューを見まくりなんとか芯が長くてピンピンに削れるものを!と思い決めました。

 

 

手動には勝てませんが子供たちから合格をもらいました!大きさもコンパクトだし、コードと電池と両方使えるので置く場所によって決めることができます。そして削りすぎ防止のストップ機能も付いていますので子供でも安心して使えます。

 

まとめ

「たかが鉛筆削りで」と思うかもしれませんが子供たちにとってはとっても重要なことらしいです。確かに学校でほぼ一日中鉛筆で書いていますからね。尖っているほうが気持ちが良くてやる気も違うそうです。大人でも書きやすいポールペンの方がキレイな字で書けたりして気持ちも違いますよね。深く考えていませんでしたが鉛筆削りはとても重要だということです。見た目では絶対に決めてはいけません。

 

何種類も買って試せないのが悔しいですね。もっとピンピンに削れる電動があるかもしれない!とも思いますけども今はこれを選んで良かったなと思っています。電動鉛筆削りの購入で迷っている方の参考になればうれしいです。